キャバクラ求人に救われた

大学生時代のバイト先はキャバクラだった

大学生の時にキャバクラ嬢もやっていました。一人暮らしで親からの仕送りで生活していたんですけど、金額的にはぎりぎりで余裕なかったんで、それでバイト先に選んだのがキャバクラでした。求人見るとお給料がかなりいいですから、それには惹かれずにいられませんでした。普通のバイトで朝から夕方までやるよりも、全然短い時間でそれよりも稼げそうなのはやっぱり高い魅力でした。たまたま学生バイトが多いというキャバクラの求人を見つけたんで、それで体入してみようと思ったのもひとつのきっかけです。自分と同じような人が多そうだから仕事しやすいんじゃないか、と考えたからです。その考えは間違ってなくて、打ち解けやすかったしお店の中でなんだか浮いていることにもならなかったです。あんまり派手なお店ではなかったんで、それが自分に合っていたというのもあるかもしれません。ギラギラした感じというか、そういうお店だと多分長く続けられなかったと思います。おかげで大学生時代はお小遣いに困らずに過ごすことができました。